2011年07月25日

爪もみ療法

先日、牧リハビリテーション病院の牧典彦先生がテレビに出演されました。

牧先生は、「自律神経免疫療法研究会」の大先輩でいつもお世話になっております。
私が昨年11月に「自律神経免疫治療研究会 東京大会」で発表した時は
牧先生に座長を務めて頂きました。


先生のテレビ出演は、大阪毎日放送MBS 午後6時15分〜の「VOICE」という番組で
「爪もみ療法」についての内容でした。

当院に通われている方は、「爪もみ療法」をご存知の方も多いかと思います。
有名な自律神経免疫療法の養生法の1つですね。

この下のページから「爪もみ療法」の内容を動画で観ることができます。
ご存じない方も是非この機会に覚えて実践してみてください。
牧リハビリテーション病院のホームページへ >>


ちなみに当院の患者さんで、治療に合わせて「爪もみ療法」をご指導した方が
3人ほど低体温症を克服されました。
(35度代→36度代)
低体温症は、「免疫力が低く、病気を招きやすい」と危惧される状態です。
私は、「爪もみ療法」は低体温症にも良いのではないかと思っております。



posted by Hiroshi at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 養生法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46983480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック