2011年10月02日

痛みが原因で起こる側弯症

先日、友人からメールがありました。
「昨日嫁が腰をいわして病院で脊柱側弯症と
診断された。まっすぐに立っていても
腰の辺りが左右でずれて曲がって
歪んでいる状態。

医師からは地道に腹筋や背筋をつけるしか
治る方法はないと言われた。

骨盤矯正などしたら治るのでは?
何か良い方法はないものか?」

という内容でした。



メールを読んでの感想は
大変残念でがっかりしました。
「私が治療を担当したのなら
このような説明はしない。」
と思いました。



側弯症にもいろいろあります。

私の友人のお嫁さんは
「腰をいわして」曲がっている訳なので
「疼痛性側弯」というやつです。

「疼痛性側弯」とは、腰のヘルニアやぎっくり腰など
何か基礎疾患がありその痛みをやわらげようとして
側弯姿勢をとるものを言います。

この場合、ここが大切なのですが
「曲がっているから痛いのではなく」
「痛いから曲がっている」

のです。

なので、安静にして痛みがひいてくれば、
特別に治療を受けなくても側弯姿勢は自然に治ります。
治療を受ければ痛みが緩和して治癒を早めます。

再発予防に腹筋背筋など体操を行うことは大切です。

「腰をいわす」には今までそれなりの負担が
積み重なってきたということなので、生活を見直して
改善できる部分は改善しなければなりません。

立ちっぱなしや座りっぱなし、日頃の姿勢、
下半身の冷えや睡眠不足も良くありません。



我々、治療者にとっては当たり前のことでも
患者様にとっては分からないことが
たくさんあると思います。

治療者は、きちんと症状や状態を把握た上で、
患者様が不安にならないように
いつも分かりやすい説明を心がけたいものです。



当院の「疼痛性側彎」の患者様の一症例
治療1日目(2011/09/16)
痛みのためにまっすぐ立てない状態。
001 (3)_R.JPG002 (3)_R.JPG


治療3回目(2011/09/24)
前屈(おじぎをする動作)時の痛みは残存するものの
強い痛みは消失。異常な側弯姿勢はみられない。
002 (2)_R.JPG003_R.JPG


↓下のボタンをクリックして「人気ブログランキング」に
投票をお願いします。(1日に1クリックです)
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます。



痛みのご相談:桜鍼灸整骨院木川東HP

けが、交通事故治療:整骨

肩こり、腰痛、ひざ痛の治療:鍼灸

歩行困難な方の治療:訪問マッサージ

お顔のリフトアップ:美容施術



posted by Hiroshi at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48203700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック