2012年04月18日

無血刺絡療法の治療見学

4月10日に和歌山のナガタクリニックに見学に行ってきました。

長田裕先生は、脳神経外科のお医者様で無血刺絡療法の
創始者で、本も出版されております。
免疫療法会ではとても有名な先生です。

無血刺絡療法とは、先の閉じた専用のピンセットを用いて
身体に痛圧刺激を加える手技で自律神経反射を促すことで、
痛みを改善させ、病気の治癒を早めます。

診療の方法も一般的な病院と比べるととても変わっていて、
薬や注射を一切使わないで、無血刺絡療法と(※)養生指導
のみで診療をされています。

(※)養生指導:良い日常の過ごし方
         食事、運動、体操法、心の持ち方など

患者様の症状も様々でした。
肩こり、腰痛、坐骨神経痛の梨状筋症候群、手足のしびれ、
リウマチ、レイノー病、強皮症、シェーグレン症候群、
パーキンソン病、糖尿病、心臓病、種々の内科疾患、癌など
多岐に渡っていました。

見学させて頂いて感じたことは患者様が皆さん明るいこと。
難病の方も多いのですが、皆さん笑顔で入って来られて
笑顔で診察室を出て行かれます。

3月20日に「第1回 無血刺絡療法普及会」が東京で開催され、
私も参加させて頂きました。
その日にたまたま新大阪駅で長田先生とお会いして、
東京駅までの新幹線をご一緒させて頂きました。
ゆっくりとお話をさせて頂いたのはこの時が初めてでしたが、
気持ちが純粋(治療で困っている方を助けたい)で
愛妻家のとても素敵な先生だと思いました。
先生の人間性が素晴らしいから素晴らしい治療ができるんですね。


↓下のボタンをクリックして「人気ブログランキング」に
投票をお願いします。(1日に1クリックです)
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます。



痛みのご相談:桜鍼灸整骨院木川東HP

けが、交通事故治療:整骨

肩こり、腰痛、ひざ痛の治療:鍼灸

歩行困難な方の治療:訪問マッサージ

お顔のリフトアップ:美容施術



posted by Hiroshi at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 院外の活動・研究会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55238515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック